サナモアと私のブログ

サナモア光線治療に関する情報を発信します。

別にこれといった病気はないけど。健康法としてサナモア光線を利用するのもいいですよ。

こんにちは! このブログを始めていつの間にか1年が経っていました。

f:id:TETSUGAKUMAN:20200707114604j:plain

このブログが皆さんのお役に立っていれば幸いです。

 

サナモアの有効性について

さて、今回は「こんな方にもサナモア光線は有効です」という例を紹介したいと思います。

サナモア光線治療は病気の治療として利用するもの、とお考えの方がいらっしゃると思いますが、そんなことはないです。

 

こんな人にオススメ!

サナモア光線治療を健康法の1つとしてこんな方にオススメ。

・日頃光線を浴びる機会がない、または少ない人

・持病はないし病気でもないが身体の調子が思わしくない人

・風邪をひきやすい、疲れやすい、虚弱体質な人

・妊娠中の女性

・母乳栄養の赤ちゃん

・病後の回復期の人 

 

発熱にも効果あり

発熱した場合にも有効です。

イメージとして、光線をかけると更に温めることになるから悪影響では?と思いがちですが、熱が下がる時は体を温めて沢山汗をかいて自然と解熱するので、温めても問題ないのです。

光線をかけると、身体を芯から温めて発汗を促し、抵抗力を高めて回復を早めます。

【部位】足裏、足甲、ふくらはぎ、膝など足部を中心 30分〜1時間ほど照射

水分補給を十分に。

 

まとめ

私は持病を持っていますが、病気の治療でサナモア光線を利用しているというよりかは、健康法として利用していると言ったほうが近いかもしれません。