サナモアと私のブログ

サナモア光線治療に関する情報を発信します。

アメリカでは注射の後に貼るあれは四角くないんだ?!

日本よりもコロナワクチン接種が進んでいるアメリカ

アメリカに住んでいる妹はすでにコロナワクチンの接種は5月始めに2回目の接種も済んでいるそうです。

 

ところで通常注射を打つと

f:id:TETSUGAKUMAN:20210603220008j:plain

こんな感じのやつ貼られますよね。

採血の後は、止血するため圧迫するパッドが付いた絆創膏(左上・丸い形)が貼られます。

インジェクションパッドって名前なんですね。

アボネックス(筋肉注射)を打った後は、四角い絆創膏を貼っています。

いつも病院に行った時に処方された注射の本数分貰うのですが「Chushavan(チューシャバン)」という商品名が付いていました。英語でなんか書いてあるとしか思っていなかったけど、チューシャバンって書いてあった事に初めて気づきました。

 

アメリカでは

f:id:TETSUGAKUMAN:20210603221428j:plain

普通の絆創膏でした。

(↑ちなみにこの写真はインフルエンザワクチンを打った時に妹が送ってよこした写真です)

今回のコロナワクチンを何処で打ってもらったのか聞いていませんでしたが、インフルエンザワクチンは近所の薬局で打ってもらったそうです。

薬局で?!ってちょっとビックリしますよね。意外にも上手だったそうです。

 

他の国がどうなのかほとんど知りませんが、日本に居て丸い形や四角い形の絆創膏を貼っているのを見ると「注射を打ったんだ」と思いますよね。

普通の絆創膏だと「どうしたの?そんなところ怪我して」と思っちゃいます。

 

妹がコロナワクチンを接種した時、「接種後、水を沢山飲みなさい」と看護師さんに言われたそうです。あと「チキンスープも飲みなさい」と言われたそうです。

水はわかりますが何故チキンスープ? お国柄ですかね。

 

私の母も最近1回目の接種が終わりました。(母は接種の前の日サナモアをかけに治療院に来ました。)

水を沢山飲むように伝えました。あと飲まないと思うけどチキンスープも勧めておきました。

母の接種後の様子ですが、接種した側の腕が肩より上に上がらなくなったそうです。

翌日にはその症状は無くなったそうです。副反応が酷くなくてホッとしました。

2回目の方が副反応が酷かったりするみたいなので様子を伺いに行きたいと思います。

 

皆さんも今後ワクチンを接種する時は、接種後水を沢山飲むといいと思いますよ。

あと気分でチキンスープを。